ツインバードの精米器、精米御膳MR-E751Wの口コミ

2017年7月16日料理調理器具

先日、ツインバードの精米器、精米御膳MR-E751を購入しました。

精米機の使用感について書いていきます。

精米御膳MR-E751を選んだ理由

私は何か新しいものを買う時、メーカーのHPを熟読し、Amazon・楽天・ヤフーショッピング・価格.comなどの全てのレビュー・口コミを全て読んでから、買うものを判断するようにしています←かなり時間がかかるので、時給考えたら何も考えずに高いもの買った方が安いかも(笑)

タイガー、アイリスオーヤマ、山本電気など、有名メーカーの精米機と比較した結果、ツインバードの精米御膳は

  • 精米時の音が比較的静か
  • コストパフォーマンスに優れている

という口コミが多かったので、ツインバードの精米御膳を購入することにしました。

精米御膳MR-E751の特徴

ricemill2

精米御膳MR-E751の特徴
MR-E751の特徴 気に入った点
電源コードがリール式 使わない時はしまっておく予定なのでコードが邪魔にならない
操作パネルがレバー式 設定を頻繁に変えるものでもないのでレバーで十分
清掃が簡単 糠の受け皿に全ての糠が入り、飛び散りは少ない

精米御膳MR-E751を使ってみる

ricemill3ricemill4

左:精米前の玄米  右:精米後の白米 
しっかりと白くなっています!

精米中の騒音は「窓を閉めた状態で、レンジの換気扇を使ったくらい」でした。3分ちょっとの時間なので、そんなに気になる程ではなかったです。アパート・マンションの場合は、下の階への振動が気になる音の大きさではありましたが、4本の脚にゴム加工がされているので、動作中の振動・騒音は下の階の方には伝わっていないと思います。

ricemill5
ちなみに、糠は全て左側の白い糠ボックスに入ります。糠ボックスは水洗いできるので清掃も楽チンでした。

精米したてのお米のお味

実は、今回使った玄米は古米だったため、期待するほどのお味には残念ながらなりませんでした。玄米が食べづらくてなかなか消費が進まなかったため、古米になってしまったのですが、精米後のお米は夫がパクパク食べてくれるので、順調に消費が進んでいますwその点だけでも買った良かったです。

古くなってしまった玄米ストックが消費され、新米の玄米をゲットしたら、改めてお味についてのレビューを書きたいと思います。
→新米を精米しました。びっくりするほど美味しかったです。

糠を活用する

夫は精米したてのお米が、私は糠が欲しくて精米機を購入しました(笑)
精米御膳MR-E751の説明書にも「米ぬか活用のすすめ」として

  • 油汚れを落とす
  • 床を磨く
  • ガーデニングの肥料に
  • ぬか漬け

が記載されていました。

古米の糠なので、まずはガーデニングの肥料に活用しています。

新米をゲットしたら、ぬか床作りにチャレンジする予定です。