使用済みティッシュの活用

2017年1月14日生活の知恵節約


水滴を拭き取っただけ、メガネの汚れを拭いただけ
そんな、ほとんど汚れていないティッシュを使った節約掃除術をご紹介します。

直ぐに使う

私はメガネユーザーなので、よくメガネをティッシュで拭いています。

メガネを拭いたついでに棚の上のホコリを拭き取ったり、
口紅ティッシュオフしたついでに洗面台の汚れを拭き取ったりしています。

そのように、こまめに掃除することによって、時間や労力を掛けることなく、部屋をキレイに保つことができますよ。

ためて使う

汚れていないティッシュが出たとき、掃除したい汚れがない場合もあると想います。そんなときは、使用済みティッシュ入れを作り、そこに入れて置きます。

うちでは、500mlのペットボトルを切り落としたケースを作って、コンロの側に置いてあります。

コンロ周りの汚れって油汚れなので、雑巾で拭き取ると今度はその雑巾を洗うのが面倒なんですよね。そこで、ストックしておいたティッシュを使用すると掃除後は捨てられるのでとっても便利。また、加熱された水は酸化力が高いので、濡れたままガスコンロを使うとガスコンロが痛みます。コンロを汚したら直ぐに拭き取ることによって、コンロも長持ちします。

コンロの側なので、ケースが汚れやすいのですが、ペットボトルを切るだけで直ぐに新調できます。私は4ヶ月に一回くらいのペースでケースを新調しています。

ティッシュの余談

昔は、メーカーや外箱にこだわらずに購入していて、たまたまシンプルデザインのscottieを選んだときがありました。

部屋に置いてみて、インテリアを邪魔しないことに気が付き、それからは、このscottie一択になりました。

このscottieは外箱が一色なので大変気に入っています。scottieの空箱を活用しているので、一色だとまた部屋に統一感がでるんですよね。