さくらインターネットでwww付きドメインのリダイレクト

2019年6月27日ITSEO対策, wordpress

SSL化リダイレクト


さくらインターネットで運用しているwww付きドメインのリダイレクト方法が簡単になっていました。

スポンサーリンク

www付きドメインリダイレクトの必要性

リダイレクト 設定

参考記事:さくらインターネットより

さくらインターネットの場合、標準設定では、 wwwが付いたURL と wwwが付いていないURL のどちらでも同じページへアクセスされる仕様となっています。
wwwが付いていないURLでサイトを運用している場合、wwwが付いたURLでも同じページが表示されると、googleがコピーサイトと認識しランキングを下げる可能性があります。そのため、wwwなしかありかどちらかで、ブログを統一する必要があります。

さくらインターネットの仕様変更

2018年4月までに、さくらのレンタルサーバ、さくらのマネージドサーバにおいて、.htaccessのみで www付きのドメインでWordPressを利用中のウェブサイトをSSL化する事ができるようになりました。

【WordPress】www付きのドメイン利用中で、SSL化する時の手順

2018年4月まではリダイレクトの設定はとても面倒だったのですが、今は.htaccessのみで簡単にリダイレクトが設定できるようになっています。

リダイレクト設定

.htaccessファイルに下記を記述。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www\.example\.jp) [NC]
RewriteRule ^(.*) https://example.jp/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

.htaccessファイルの一番上にかいておいた方がいいです。wordpressが吐き出したコードより下に書くと、リダイレクトが効きません。また、上記はドメインがexample.jp場合です。ご利用のドメインへの書き換えをしてください。

参考記事:.htaccessによるアクセス制御

上記を.htaccessファイルに記述するだけで、http://www.example.jp や https://www.example.jp が https://example.jp にリダイレクトされるようになります。

リダイレクトのチェック

ブラウザのシークレットモードを起動し、http://www.example.jp や https://www.example.jp を入力。 https://example.jp にリダイレクトされていることを確認したら、終了です。

昔はこんなに大変でした

スポンサーリンク