/AdSenseの自動広告コード

楽天ひかり開設後、ネットに繋がらない

2021年8月14日IT対応業務

楽天ひかりが繋がらない

楽天ひかりに変えてネットが繋がらなくなりました。使用ルーターはIODATAのWN-PL1167EX01です。

ネット上にはNTTレンタル機器やルーターの再起動を促す記述が多くありましたが、全く意味がありませんでした。

ルーターの種類によっては設定不要

比較的新しいNECのルーター(aterm)は設定不要で楽天ひかりが使えるようです。また、その他ルーターもNTTレンタル機器やルーターの再起動だけで設定が完了するようですが、IODATAのWN-PL1167EX01は設定が必要でした。

原因はIPv4接続(PPPoE)

移転前(ドコモ光+ぷらら)のときに、IPv4接続(PPPoE)を利用していたため、ルーターにぷららのIDとパスワードが残っていました。楽天ひかりでインターネットを利用する場合、楽天ひかりのIDとパスワードをルーターの管理画面から入力する必要があります。

IPv6接続(IPoE)を使わないの?

移転前(ドコモ光+ぷらら)のときに、IPv6接続(IPoE)を利用しなかった理由は不明ですが、楽天ひかりではIPv6接続(IPoE)が利用できるので、ルーターがIPv6接続(IPoE)に対応している場合は、この際にIPv6接続(IPoE)の設定を行いましょう。

IODATA製ルーターの接続設定方法

WN-PL1167EX01に限らず、IODATAのルーター共通の設定方法です。

1・本体機器の側面にあるスイッチが「ルーター/AP」となっている事を確認
2・ブラウザ(クロームとかエッジとかサファリのこと)に、ルーターのIPアドレス(http://192.168.0.1)を入力し、設定画面を表示

ブラウザに、ルーターのIPアドレス(http://192.168.0.1)を入力


3・下記画面に切り替わるので、ユーザ名/パスワードを入力する

ユーザ名/パスワードを入力する
  • パスワードは以下のどれかです
    • ルーターに貼り付けられているもの
    • ユーザー名: admin 、パスワード: admin
    • 自分で設定したもの

4・ログイン後、「インターネット」 をクリック

すると下記画面のように、PPPoE認証が選ばれていると思います。(繋がらなくて困っている人の場合)

ここで確認できることは、過去の回線のデータが残っていたため、楽天ひかりに繋がらなかったのです。

機種によって、IPv6が選択肢にない場合、この画面で、楽天ひかりのIDとパスワードを入力。

6・IPv6が選べる場合は IPv4 over IPv6(DS-Lite) のボタンにチェックを入れる

7・IPv6機能のボタンを選ぶ

  • 【ひかり電話契約 ”無”の場合】 「IPv6ブリッジ」を選択
  • 【ひかり電話契約"有”の場合】 「DHCPv6-PD」を選択

8・ひかり電話契約の有無に関わらず、AFTRアドレスに「dgw.xpass.jp」を入力→「設定」をクリック

9・ダイアログボックスが出てくるのでOKを押すと、設定反映のため自動的に機器の再起動が行われる。

10・設定が反映されるまで、3分前後待つ

その後、他のタブでYahoo!とか開いてみるとスムーズに表示されるはずです。

お疲れ様でした。

IT対応業務

Posted by 桔梗