eco-rich-life 人気カテゴリー

  • 生活の知恵
  • 妊娠・育児
  • IT
  • レシピ
  • 水耕栽培

プラグインLogin Rebuilderの設定方法

ITSecurity, wordpress, プラグイン

Login Rebuilder

WordPressログインページは攻撃を受けやすい

デフォルトのログインURL

  • http://example.com/wp-admin
  • http://example.com/wp-login.php

設定を変更していなければ、トップページのURLに”wp-login.php”を付けるだけで、誰でもログインページにたどり着いてしまいます。

セキュリティを強化するには、このURLを別のURLに変更することが必須です。

ログインURLを変更する

プラグイン Login Rebuilderの導入

Login Rebuilderを使い、管理画面のログインページのURLを任意のURLに変更します。

  1. WordPress管理画面のメニュー「プラグイン」→「新規追加」を選択
  2. 「Login Rebuilder」で検索
  3. 「今すぐインストール」をクリック
  4. 「有効化」をクリック

有効化が完了すると、サイドメニューの 設定 に「ログインページ」「XML-RPC」という項目が増えています。ログインURLを変更するには「ログインページ」項目を使用します。

プラグイン Login Rebuilderの設定

無効なリクエストの応答:デフォルトの「wp-admin」等URLでアクセスされたときにどのような画面へ誘導するか選択する。

ログインファイルのキーワード:空欄するとランダムで英数字が入る。

新しいログインファイル:ここに入力したものが、任意のURLになる。

第2ログインファイル:ユーザー権限によってログインURLを分けたい場合のみ使用。

ステータス:「稼働中」にチェックし保存を押すとログインURLが変更される。「準備中」で保存を押してもURLは変更されない。

ログ保存:ログイン時のログを保存するか選択する。

著者ページヘのアクセス:デフォルトの著者ページのURLにはログインIDの情報が含まれるため、こちらで隠すことができる。

oEmbed:こちらも、著者ページURLにあるログインIDの情報を隠すことができる。

以上の設定ができたら「変更を保存」で適用させます。

これでWordpressのログインページがオリジナルURLになります。ログインURLが簡単に探せないため、不正アクセスが激減します。