TV用のUSBハブを検討したよ

2021年2月8日オススメ家電

USB hub

実家のTVのHDDの容量がいっぱいになったため、増設するために良さそうなUSBハブを検討しました

先に結論

オススメはこちらです

理由はテレビの電源と連動してHDDの電源を切ってくれるため

TV用のUSBハブを使うときの注意事項はこちら

HDDをつなぐUSBハブに必要な要件

外付けHDDには、コンセント付きのもの(セルフパワー)と電源が不要なもの(バスパワー)があります。

バスパワーのHDDの場合、USBハブの種類によっては別途電源を供給する部品を買わなくてはならないため、注意が必要です。

USBハブはバスパワーのHDDに電力供給できるACアダプター付きのものを選びましょう。ややこしいですが、これをセルフパワー対応USBハブと言います。

更に、供給されるアンペア数にも注意が必要です。I.OデータのTV対応のUSBハブは供給アンペア数が1,000mAまででした。ちなみに、紹介したU2H-TV003SBKは1,900mAまでです。

でも、こちらはUSB 3.2 Gen 1(USB 3.0)に対応しています。

セルフパワー対応USBハブの問題点

セルフパワー対応だと、PCやTVの電源を切ったときでも電気が供給されるため、自動でHDDの電源が切れなくなります。

その問題点を解消してくれるセルフパワー対応のUSBハブはこれ(U2H-TV003SBK)だけでした。

U2H-TV003SBKのデメリット

古いため、USB2.0までの対応なので、USB3.0とか高速接続ができません。

同じくエレコムでUSB3.0対応、4ポートのUSBハブが500円プラスで買えるのですが、

こちらはテレビの電源と連動してHDDの電源を切ってくれる機能がないため、いちいち、USBハブの電源を切る必要があります。

結論はこれがオススメ

TV用のUSBハブという側面を考えると、テレビの電源と連動してHDDの電源を切ってくれる機能は必須と感じています。

調べた範囲で電源連動しているUSBハブはこれだけでした。

TV用のUSBハブを使うときの注意事項はこちら